ジュラシック・パーク Wiki
Advertisement


概要[]

アキロバトル(Achillobator)は、ジュラシック・パークシリーズに登場する恐竜の一種である。


恐竜データ[]

白亜紀後期のモンゴルに生息していたドロマエオサウルス科の恐竜。

1989年にゴビ砂漠にて発掘され、その後10年以上にわたって化石倉庫の番人を務める不遇の時代を過ごしたが、1999年にエルリコサウルスの名付け親でもある「アルタンゲレル・ペルレ」の目にとまり、ようやくトロイア戦争の英雄である「アキレウス」の名を引用した「アキロバトル」という学名を頂戴するに至った。

現在までに足の骨を含んだいくつかの部位の化石が発見されており、典型的なドロマエオサウルス科の様相を呈していたとされている。

モンゴルにはかの有名なヴェロキラプトルが生息していた事で知られているが、アキロバトルが繁栄していた時代はラプトルが生きていた頃より三千万年も昔のことであり、生きているうちに顔を合わせる事はなかった。

シリーズにおける関わり[]

映画やゲームに出演したことはないが、イベントと公式サイトのデータベースとして登場した実績がある。

Jurassic World: The Exhibition[]

展示会場内に設置されたディスプレイにて、名前のみ登場。

Jurassic Park: Institute[]

サイト内にあった恐竜総合データベース「Dinopedia」に、アキロバトルの記事が存在していた。

関連項目[]

Advertisement