ジュラシック・パーク Wiki
Advertisement

Stegosaurus-header-icon.png

この記事はあなたの編集を待っています!!
 

編集 ボタンをクリックして、
知っていることを追加しましょう!



"生命は道を見つける"
—イアン・マルコム(引用元)


イアン・マルコムは、テキサス出身の数学者、カオス理論の専門家。ジュラシック・パークのメインキャラクターで、ロスト・ワールド/ジュラシック・パークの主人公。

概要[]

ジュラシック・パーク[]

イアン・マルコムは、アラン・グラント博士、エリー・サトラーと一緒に安全性の確認のためにパーク視察に招待された。イスラ・ヌブラル島に着くと早速ブラキオサウルスに遭遇し、驚かされる。その後ビジターセンターに移動し、パーク内の恐竜についてヘンリー・ウーら研究者から説明を受ける。ほかのメンバーが感銘をうけるなか、「破壊を呼ぶ行為で、研究一筋で倫理的責任を追わない奴ら」とマルコムは強く否定した。

体験ツアー中にパークが非常事態に陥ると、レックスティムを助けるために囮となりティラノサウルスに襲われ足を負傷。エリーとビジターセンターへ戻り、電気設備を回復させようと試みる。しかしそこでは操作が行えず、負傷しているマルコムは残り、エリーがパークへと戻っていった。

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク[]

ある日、ジョン・ハモンドに呼び出される。そこでジュラシック・パークは通称サイトAと呼ばれ、他にサイトBと呼ばれる、恐竜を孵化させて育てる飼育地(島)があったのだと聞かされる。事件以降、サイトAもサイトBも封鎖して放置し恐竜は死に絶えたと考えらていたがサイトBで生き続けていることがわかり、実態調査を依頼された。前回の事件でこりごりのマルコムは断るが、先発隊として古生物学者で恋人のサラ・ハーディングがすでに現地入りしていることを聞き、「調査隊ではなく救助隊として行く」と島へ行くことを決断した。

ジュラシック・ワールド/炎の王国[]

まさかの登場。連邦議事堂にて、恐竜たちの運命は自然の手に委ねるべきだと主張する。「人間の作った恐竜達に神が審判を下そうしているのか」と問われた際には、「この件に神は関係ない」とも返答している。 エピローグで恐竜たちが人間社会に解放された事を知り、「ようこそ、ジュラシック・ワールドへ」と皮肉たっぷりに述べた。

小説[]

トリビア[]

ギャラリー[]

動画[]

脚注[]

Advertisement