ジュラシック・パーク Wiki
Advertisement

イスラ・ヌブラル島(Isla Nublar)は、『ジュラシック・パーク』シリーズに登場する架空の火山島。

概要[]

コスタリカの西190Kmにある、ラス・シンコ・ムエルテス諸島(Las Cinco Muertes)にある5つの島とは別の島。スペイン語で『雲の島』という意味をもつ。通称サイトA。水のしずくを逆さまにしたような形をしていて、南北は12km、東西は、最も幅のあるところで5kmあり、面積は35k㎡の大きさがある。

ジョン・ハモンドはこの島にテーマパーク「ジュラシック・パーク」を建設したが、オープン前に大惨事が起き、閉鎖された。2000年代になると、2,3作品の舞台であった「イスラ・ソルナ島」にいた全ての恐竜がこの島に輸送された。後にハイブリッッド恐竜に興味を持ったマスラニ・グローバル社のCFOサイモン・マスラニが、インジェン社を傘下にし、2005年に正式にテーマパーク「ジュラシック・ワールド」をオープンした。

パークは世界中から毎日二万人の旅行者が訪れる人気の観光施設として成功を収めていたが、ハイブリッド恐竜インドミナス・レックスの脱走により崩壊。それから3年がたった2018年、島では火山噴火が起き生き残った恐竜たちを脅かしていた。

ジュラシック・ワールド[]

パーク内のアトラクションや施設。

モササウルスエサやりショー
島の中央に位置する海水プールで行われる、パーク最大のアトラクション。モササウルスが2時間に一度、ホオジロザメを一飲みにする姿を見ることができる。
ジャイロスフィア・ツアー
イスラ・ガイドと一緒にガリミムス・バレーをジャイロスフィアでツアー。群れが島で一番おいしいシダの葉や植物を探したり、赤ちゃんの世話をする様子を観察できる。
白亜紀クルーズ
手つかずの川を草食恐竜と一緒に下って、息を呑む体験を。ベテランのツアーガイドが導く1億4500万年を巡るカヤックの旅で、100種類以上の先史時代の生き物が楽しめる。高いフィットネスレベルと十分な体力が必要。
ジェントル・ジャイアンツふれあい動物園
子どものトリケラトプスなどお気に入りの草食恐竜たちを見たり、触れたり、エサをあげたりすることができる。ビジターセンターのすぐそばにある。
ガリミムス・バレー
ジープに乗り、広大な草原をガリミムスと並んで走るアトラクション。
T-REXキングダム

パークに20年以上住むティラノサウルスがエサに食いつく姿を間近でみることができる。

翼竜園

ディモルフォドンプテラノドンが暮らす巨大ドーム。

トリビア[]

・映画のイスラヌブラル島のシーンの多くは、ハワイがロケ地となっている。

ギャラリー[]

脚注[]

Advertisement