ジュラシック・パーク Wiki
Advertisement


概要[]

オルソセラス(Orthoceras)は、ジュラシック・パークシリーズに登場する魚類の一種である。


その生態[]

オルドビス紀のスウェーデンに生息していた軟体動物の一種で、当時の海洋で繁栄していた「チョッカクガイ」と呼ばれる種のひとつである。

非常に多くの化石が見つかっており、オルドビス紀の地層からは必ずと言っていいほど彼が出てくるため、チョッカクガイの中では特に著名な種である。 そのため化石ショップでは彼の貝殻が多数売買されており、長細いグソクムシみたいなフォルムをした化石のほとんどはオルソセラスの成れの果てである。

生前は細い貝殻にイカのような頭を出して、ジェット噴射で泳ぎ回る生物だったらしく、非常に俊敏に動けたようだ。 そんなチョッカクガイの子孫は残念なことに、現世には存在しておらずジュラ紀前期ごろには全ての種が地球上から姿を消したとされている。

ただし血筋が完全に途絶えたわけではなく、分家ではあるものの彼によく似た特徴を持つ生物として「オウムガイ」が、今もこの地球上でひっそりと暮らしている。

シリーズにおける関わり[]

ジュラシックパーク・ビルダー[]

アクアパークにて飼育が可能だった。

進化の系譜
オルソセラス n.webp
通常
オルソセラス 10.webp
Lv10
オルソセラス 20.webp
Lv20
オルソセラス 30.webp
Lv30
オルソセラス MAX.webp
MAX


関連項目[]

Advertisement