Stegosaurus-header-icon.png

この記事はあなたの編集を待っています!!
 

編集 ボタンをクリックして、
知っていることを追加しましょう!



オーウェン・グレイディは、ジュラシック・ワールドで働く恐竜監視員。ヴェロキラプトルの行動を研究し、訓練している。元海軍の軍人。ジュラシック・ワールドジュラシック・ワールド/炎の王国の主人公。

概要[編集 | ソースを編集]

ジュラシック・ワールド[編集 | ソースを編集]

ジュラシック・ワールドで雇われる前は海軍に所属していた。海軍から出た後、ヴェロキラプトルの行動を研究して訓練することを目的とする、IBRIS計画の一員としてパークの安全と警備を担当するインジェン社に雇われる。ヴェロキラプトルの訓練が想像以上に困難であったため、旧知の友人であるバリーを雇うように、インジェン社のヴィック・ホスキンスに勧めた。

遺伝子操作されているヴェロキラプトルの4姉妹を孵化したときから育て、ブルー、デルタ、エコー、チャーリーと名付けている。

パークの運用管理者であるクレア・ディアリングとは一度デートしたことがあり、そのときは反りが合わずうまくいかなかった。インドミナスの飼育環境を調査するようにクレアから頼まれて向かうと、襲撃されてしまう。その後脱走したインドミナスにより、パークは混乱に陥るなかで行方知れずになったクレアの甥たちを探しに一緒に出かける。

多くの被害を被りながらも、インドミナスがモササウルスに水中へと引きずり込まれて決着がつき、クレアとオーウェンも仲を取り戻した。

ジュラシック・ワールド/炎の王国[編集 | ソースを編集]

ジュラシックワールドの大惨事から生き残ったブルーを火山の噴火から救うために再びヌブラル島に行く。しかし、傭兵のリーダーであるケン・ウィートリーに騙され、麻酔銃を撃たれる。

トリビア[編集 | ソースを編集]

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

動画[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。