ジュラシック・パーク Wiki
Advertisement

概要[]

ギガノトサウルス(Giganotosaurus)は、ジュラシック・パークシリーズに登場する恐竜の一種である。

恐竜データ[]

白亜紀後期の南アメリカ、現在でいうアルゼンチンに生息していた大型の肉食恐竜である。

全身のほとんどが残された非常に状態のいい化石が見つかっており、そこから判明したギガノトサウルス最大の特徴はその名の由来にもなった巨体っぷりで、なんと14メートルもあったという。

ギガノト 化石.jpg
全身骨格

これは初めて発見された1993年当時における肉食恐竜の中ではナンバーワンの大きさであり、同じカテゴリーに属する仲間かつ巨体で知られるカルカロドントサウルスですら、最大13メートル。 長らく世界最大の個体と呼ばれた「ティラノサウルス・スー」ですら全長12.3mと1メートルちょっと届いていない。

まさに恐竜界における巨人だ、ということで彼には「ギガント」の造語であるギガノトサウルスの名が与えられることになり、その名声は今もなお世界中に轟いている。

で、終わればよかったのだが、そう簡単におしまいチャンチャンとならないのが古生物学の厄介なところ。

ギガノトサウルスが初めて発掘された際、丸々1頭分の状態のいい標本が見つかっていたのは前述した通りだが、実は全ての骨が保存されていたわけではなく、一部の部位は長い年月をかけて化石化していく間に風化してしまい、その過程で彼の後頭部が失われてしまっていた。

基本恐竜の体格は骨の大きさからみて、おおよその体型or体長を予想するのがお決まりなのだが。ギガノトサウルスの場合はこの判断材料が見つかっていないことをいいことに、なんと学者先生が見つかっていない後頭部を通常より多めに盛ってしまった。 (後にその本人がケラトサウルス科の恐竜を参考にして復元したと認めてしまっている)

そんなこんながあってギガノトサウルスの体系はちゃんちゃらおかしいバケモノスペックとなってしまい、とある学会で指摘されるまでこの間違いにほとんどの人が気づかなかった。

現在における彼の推定体長は12メートルから13メートルの間くらいとされており、確かにティラノよりはデカいのだが、最初の頃からはだいぶ下方修正されてしまった。

尤も今では彼より巨体とされるスピノサウルスが登場するなど、例え当時のままの体長であったとしても世界最大の肉食恐竜とは呼べなくなってしまった。

それでも彼の人気は衰えるどころか、むしろ現在進行形で増え続けており、今もなお巨大な肉食恐竜として様々な媒体のメディアに顔を出すところから、彼のバックに付くリピーターがどれだけすごいかということがお分かりになるだろう。


シリーズにおける活躍[]

かつてはアクロカントサウルスらと共に、ゲーム作品を軸に活躍する恐竜であったが、2022年に公開される映画でついに転機が訪れた

ジュラシック・ワールド[]

企画初期の段階で登場する予定があったらしいが、最終的にボツにされた。

代わりにインドミナス・レックスを形成した遺伝子の1つとして名前のみ登場。 彼女の異常なまでの体躯はギガノトサウルスが元になったのかもしれない。

ジュラシック・ワールド/炎の王国[]

こちらでも当初は出演を打診されたものの、最終的にボツとなってしまい、現在ではわずかばかりのコンセプトアートが残されるだけとなっている。

ギガノト s1.jpg
ギガノト s2.jpg

上の絵を見る限り、どうやらオーウェンクレアらしき人物の目の前に現れ、彼らを食べようと追いかけていたところを火山岩がクリーンヒットし死亡するというシーンで登場する予定だったらしい。

なお該当するシーンは完成版にも登場しており、その役目はアロサウルスが担当している。

ジュラシック・ワールド/ドミニオン[]

ワールドより苦節6年、ついに銀幕デビューを果たす。

公開された予告ではティラノサウルスらしき恐竜を倒す姿が映されており、シリーズファンや古くからのカプコンマニアを熱狂させた。

ストーリーへどのように絡むのかは未だ不明であるものの、壮大な活躍が期待される一頭であることは疑いようもないだろう。


ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(PS)[]

当初は敵キャラクターとして登場する予定だったが、カットされてしまったらしい。 しかも代役を担当したのはまたしてもアロサウルスだった。

彼がもし出演したらどんな姿だったのかというのは、ゲーム内の設定資料集で拝めるらしい。

ギガノト g1.png

Warpath: Jurassic Park[]

プレイアブルキャラクターとしてシリーズ初参戦。

何故か映画第1作目でティラノサウルスが飼育されていたパドック前にて、挑戦者が現れるのを待っている。

ギガノト g2.jpg

ジュラシックパークIII・恐竜にあいにいこう[]

飼育可能な恐竜の1頭として登場。

ギガノト g10.jpg

ジュラシックパーク・ビルダー[]

飼育可能な恐竜の1頭として登場。

進化の系譜
ギガノト JPB n.jpg
通常
ギガノト JPB 9.jpg
Lv9
ギガノト JPB 11.png
Lv11
ギガノト JPB 19.jpg
Lv19
ギガノト JPB 21.png
Lv21
ギガノト JPB 29.jpg
Lv29
ギガノト JPB 31.png
Lv31
ギガノト JPB MAX.jpg
MAX

Jurassic World™: ザ·ゲーム[]

数ある肉食恐竜から選ばれてゲームに参戦、レアリティは「レア」設定。

ギガノト JWG n.jpg
通常
ギガノト JWG 20.jpg
Lv20
ギガノト JWG 30.jpg
ギガノト JWG MAX.jpg
MAX

顔がややのっぺりしているものの、体つきはガッシリしておりとても強そうな雰囲気を醸し出しているのだが、これがどうしてあまり強くない。

実は彼女、攻撃力が元々低めに設定されており、MAXレベルまで育て上げても同じレアリティのアロサウルスイリタトルに負けてしまう。 それどころか小型恐竜であるディロフォサウルスにも力負けし、挙句の果てにはガリミムスよりも火力が劣るという巨人の名に恥じるスペックを与えられてしまった。 Ludiaの血の色は何色なのだろうか?

ただし体力は結構高めなので、格上の恐竜が相手でも持久戦に持ち込んで最後にフルパワーでぶん殴るという戦法は取れるかもしれない。 それで勝てるかは知らん。

ジュラシックワールド・エボリューション[]

G top3.jpg
G top.jpg
ギガノト 一覧.jpg

飼育可能な恐竜の一種として登場。

解禁はストーリーモードの4ステージ目にあたる「イスラ・ペナ島」からで、ゲームもそろそろ終わりに近づくタイミングである。

人気は高く、2頭同時に飼育できるなどティラノサウルスと比べれば攻略に使える気もしなくはないが、飼育環境も多めに取らないといけないうえに、嵐や竜巻にめっぽう弱い欠点がある(しかも初めて解禁される場所が嵐が頻発する島である。 いやがらせかな?)

ギガノトが解禁される時には、優秀で飼育しやすい恐竜がわんさか解禁されている関係もあってかイマイチパッとしない。

おまけに力もあまり強くなく、インドミナス兄弟やティラノはもちろんのこと、スピノアロカルカロアクロカントらと戦っても余裕で力負けするなど、大型肉食恐竜中では一番ケンカが弱い(たまに乱数で勝つ時もあるそうだが、その光景を全く見たことがないので真相は不明)

ジュラシックワールド・エボリューション2[]

ゲーム発売前にドミニオンへの参戦が発表されていたため「もしや製品版には実装されないんじゃ・・・?」と若干ファンをヤキモキさせたが、蓋を開けてみれば前作と変わらない姿で普通に登場していた。


関連項目[]

Advertisement