ジュラシック・パーク Wiki
Advertisement
ジュラシック・パーク Wiki

Stegosaurus-header-icon.png

この記事はあなたの編集を待っています!!
 

編集 ボタンをクリックして、
知っていることを追加しましょう!



概要[]

ジュラシック・ワールド/炎の王国(Jurassic World: Fallen Kingdom)は、2018年に公開されたジュラシック・パークシリーズ第5作目の映画で、ジュラシック・ワールド三部作の2番目にあたる。

今作の監督は前作を担当したコリン・トレヴォロウではなくJ・A・バヨナが担当。(代わりにトレヴォロウは製作総指揮を務めた)

脚本は、デレク・コノリーとトレヴォロウの仲良し夫婦共同で執筆されている。

ストーリー[]

驚異のハイブリッド恐竜ことインドミナス・レックスが暴走し、『ジュラシック・ワールド』が崩壊してから3年後。 パークで飼育されていた恐竜は島内で野生に帰り、平穏な日々を送っていた。

だがそんな平和を謳歌していたある日、島の中枢に存在する火山こと『シボ山』が噴火寸前の状態に陥っていることが判明。 このままいけば恐竜たちは再び絶滅してしまう、そんな危機的状態に気づいていたクレア・ディアリングは何とかして恐竜を救い出そうと奮闘していた。

その努力が実ったのか「ロックウッド財団」というリッチさんが恐竜の保護に関する援助をしてくれるとクレアに持ちかけた。 破格の待遇にウキウキのクレアは、かつての恋人かつラプトルの世話係だったオーウェンと、今現在の仕事仲間であるジアフランクリンと共に、崩壊寸前の島でありかつての職場だった『ジュラシック・ワールド』を訪れるのであった。


キャスト[]

主要キャラはオーウェンとクレアのみ続投しており、残る人物は全て当作品より登場する。

ご存知、ジュラシック・ワールドの主人公。

前作の事件があってか恐竜に関する案件には関わらないスタンスを取っていたが、クレアに説き伏せられ再びイスラ・ヌブラル島へと足を運ぶことに

ご存知、我らがヒロイン。

前作では恐竜を金儲けの道具としか思っていないイヤな奴だったが、今作では今までの行いを反省し、恐竜の保護を目的とした団体「Dinosaur Protection Group(略称:DPG)」のメンバーとして活動している。

島に取り残された恐竜たちを救うために、ロックウッド財団と接触。 島を訪れた後は前作の事件で覚醒した女ゴリラの本能を持ってして恐竜の猛攻を防いだり、ティラノサウルスの首の上に乗っかったりする。

DPGに所属する若きメカニック。

恐竜の保護に携わってるくせに何故か恐竜が苦手で、特に肉食恐竜は天敵といえるくらいに怖がっている。

DPGに所属する若き医師。

学生時代は獣医学を専攻していたため、動物の治療が得意。 その腕前は恐竜のケガすら治してしまうほど。

前作にも登場したマッドサイエンティスト。

今作でもマッドっぷりは健在だが、それ以上にマッドなキャラがいっぱいいたせいで、相対的に常人となってしまった不遇キャラ。

ロックウッド財団の設立者。現在は自身の豪邸に構えた研究所を後進のために開放し、世のため人のためをモットーに活動している。

若き頃はハモンドと共に恐竜を蘇らせる研究をしており、友人が生み出した存在である恐竜を助けるべくクレアに手を貸した・・・。

ロックウッド財団の運営を担う若者。

非常によく出来た性格の人物で、恐竜保護のためクレアらを全面的にバックアップすると誓った・・・。のだが?

  • ケン・ウィットリー - テッド・レヴィン

初老の傭兵で、万が一の用心のためミルズが雇った。

見てくれは冷静沈着な歴戦の勇者だが、実際は狩猟した動物の歯を引っこ抜きコレクションする変な性癖を持った人物である。

  • グンナー・エヴァーソル - トビー・ジョーンズ

兵器の密売人。

映画の後半に登場し、とある人物の命令を受け恐竜を売りさばこうと画策している。

ロックウッドの孫娘で、今作における子供枠の1人。

あどけない姿が印象的だが、実は彼女こそが当作品のキーマンとなる存在である。

  • アイリス・キャロル - ジェラルディン・チャップリン

メイジーの世話係を務める老齢の御婦人。

身寄りのないメイジーの母親がわりだったこともあり、彼女と爺さまであるベンジャミンからの信頼は厚い。

シリーズにおけるレジェンドで、カオス理論を専門とする学者先生。

当作品における活躍は議会でおしゃべりしているだけだが、その存在だけで当映画が成り立っているようなものなのであまり問題ではない。


映画に登場する恐竜[]

今までのシリーズに登場した常連恐竜はほぼ登場しており、中でもブラキオサウルスはから数えて実に17年ぶりの映像作品出演となった。

もちろん本作から初登場する恐竜も数多存在し、名前のみを含めれば30種類以上の恐竜(もとい生物)が銀幕にその姿を現してくれる。

・主要な恐竜たち[]


・カメオ出演[]

製作[]

トリビア[]

ギャラリー[]

動画[]

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』最新予告-0

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』最新予告-0

脚注[]

Advertisement