ジュラシック・パーク Wiki
Advertisement

概要[]

チャーリー(Charlie)は、ジュラシック・ワールドシリーズに登場するヴェロキラプトルの1頭である。

プロフィール[]

ラプトル4姉妹の末っ子。 名前だけ見ると男の子のような印象を受けがちだが、れっきとした女の子である。

グリーンイグアナの遺伝子をあてがわれた結果、全身が濃いめのグリーンと、トラのような縞模様に染まった。

かしこく、コワいがモットーのヴェロキラプトルにおいて、彼女は比較的温厚な性格を持ち合わせており、劇中においてリーダーであるブルーオーウェン両者に明確に敬意を表している数少ないラプトルである。

ただし温厚というのは、あくまで「ヴェロキラプトル全体としては」という意味に他ならないため、人間の観点からしてみると恐ろしい存在である事に変わりはない。

事実オーウェンからも4姉妹揃って「危険だ」と断言されており、インドミナス・レックスの傘下に下った際はインジェン社の特殊部隊を本能の赴くままに殺害する場面が見られる。 顔を合わせて笑顔になれたら、もう友達とはいかない最たる例と言えるだろう。

シリーズにおける活躍[]

ジュラシック・ワールドに登場してから、現在に至るまで様々な作品に出演している。

ジュラシック・ワールド[]

前述した通り、オーウェンが指揮するラプトル4姉妹のメンバーとして登場。

主人公であるブルーの出番が多い事と、出てくるシーンのほとんどが暗く誰がどいつなのか判別しにくいこともあって、人によっては少々影が薄いと思われるかもしれない。

劇中インドミナス・レックス討伐作戦へと駆り出され、なんだかんだあった後、インジェン社の隊員を殺害。 その肉を貪っていた際にオーウェンと再会、何とか対話を試みようとするオーウェンに応えるそぶりを見せたものの、背後から突如として放たれたロケット弾を喰らって爆死してしまった。

ラプトル4姉妹最初の犠牲者となり、インドミナスとの最終決戦に唯一参加しないラプトルとなってしまった。

ジュラシック・ワールド/炎の王国[]

ラプトル hw1.png

幼少期の姿として登場。

さほど目立った出番はなかった。

ジュラシック・ワールド(小説)[]

4姉妹のメンバーとして登場。 ただし途中退場した映画版とは異なり、こちらではインドミナスとの最終決戦まで生存する。(代わりにデルタが犠牲となったが・・・)

長女であるブルーをブッ飛ばされ、キレて飛びかかったまではよかったが、グリルで焼かれたエコーの末路を見てたじろいだ一瞬のスキをつかれ、インドミナスの「かみくだく攻撃」を喰らって死亡した。

Jurassic World™: ザ·ゲーム[]

ラプトルパドック内にて4姉妹共々ゲームに登場した。 ただし戦闘には参加せずパークで展示もできない。

LEGO Jurassic World[]

チャーリー g1.png

プレイアブルキャラクターとして登場。

本来チャーリーはメスのはずだが、何故かこのゲームにおいては男の子として扱われており、実の親であるオーウェン本人からそういう扱いをされている。

Jurassic World アライブ![]

チャーリー JWA1.PNG
チャーリー JWA2.PNG

野生では出現せず、バトルの景品としてDNAが登場する。

面倒臭い手順を踏んで入手できることだけあって、性能はデルタエコーのいいところを寄せ集めたようなものとなっている。

それでも素早さはオリジナルラプトルデルタより遅いうえに、防御力は相変わらずのペラ紙一枚なので過信は禁物。

ジュラシックワールド・エボリューション[]

Charlie .jpg

ヴェロキラプトルのカラーパターンとして登場、有料DLC「ラプトル・スクワッド スキン・コレクション」に収録されている。

ジュラシック・ワールドを題材としたゲームにも関わらず、何故最初から実装していないのかは不明だが、とにかくDLCさえ購入していればラプトル一の穏健派、チャーリーを飼育することが出来る。

関連項目[]

Advertisement