ジュラシック・パーク Wiki
Advertisement


  • 当記事では映画と書籍に登場するティラノサウルス全般について解説していく。

シリーズを代表するティラノサウルスこと「レクシィ」については当該リンク、ゲームに登場するティラノサウルスは「ティラノサウルス(ゲーム)」へ、玩具のティラノサウルスは「ティラノサウルス(玩具)」をご参照ください。

概要[]

ティラノサウルスは、『ジュラシック・パーク』シリーズに登場する肉食恐竜。

全作品を通して主人公達を(文字通り)食ってかかるほどの圧倒的な存在感を放つスター恐竜で、人気と知名度はシリーズの中でもトップクラスである。 特に有名なティラノサウルスは1作目とジュラシックワールドシリーズに登場している雌の個体『レクシィ』で、彼女が銀幕で吠えるたび今日も恐竜好きのチビっ子やファン達を歓喜の渦へと巻き込んでいるという。

恐竜データ[]

白亜紀後期の北アメリカに生息していた大型肉食恐竜で、その体長は平均11メートル、最大で13メートルの個体もいた。 当時の環境において陸上最大級の捕食者であったとされており、現在においてもティラノサウルス以上の巨体を持つ肉食獣は存在していない。 (ちなみに海中における最大級の生物は、かの有名なモササウルスである)

ティラノサウルス 化石.jpg
全身骨格

陸上最大の敬称は伊達ではなく、それは分厚い作りの頭蓋骨からも見て取れる。 発掘された化石を分析したところ、ティラノサウルスは最大で6トンもの咬合力を発揮できたとされており、これは自動車をスクラップにできるほどのパワーである。 彼らが生きていた頃はそれこそ自動車ほどのサイズを誇るトリケラトプスエドモントサウルスらが悠然と闊歩していたため、ご自慢の顎を駆使して狙った獲物を骨肉共々噛み砕き、息絶えたその体を心ゆくまで貪っていたものと思われる。 事実ティラノに噛まれたであろうトリケラトプスの骨や、粉砕された骨片が紛れた糞の化石が発見されている。 その巨体を支えるべく食べる肉の量も半端なかったらしく、なんと230kgも腹のなかに収めることが出来たという。 これは近所のスーパーで売られているロースステーキ1000パック分に匹敵する。ティラノ一体が顧客になればその店は将来安泰であろう

ティラノサウルス 化石1.jpg
頭蓋骨の化石

発見された当初はオーバースペックな体格ゆえに、弾丸より速く走り獲物を狩っていたという説と、こんなデカブツが走れるわけないからスカベンジャーだろ常考という説で争われていた。 というか現在進行形で争われている。 無論ハンター系の原生生物も腐肉食自体は行うしそれが否定されるわけではないが、腐肉食「限定」となるとそれしては噛む力が強すぎることと、死骸漁りが主でこのレベルの巨体を維持できるか怪しいこと、骨格や筋肉の量(推定)や歩幅から推測するに、弾丸や車よりは速くないにせよ最大で20km/hぐらい(ただし「この程度だとトリケラトプスやエドモントサウルスに追いつけない、短い距離なら40km/hは出せた」という反論も多い)は出ていたと思われる。 ママチャリの最高速がこれぐらいだと言われているので、ティラノの足はバーゲンセールに遅れまいと必死に自転車を漕ぐオバちゃんとさほど変わらないということになる。 それはそれで走れない以上に残念な結果な気もするが

そんなティラノサウルスであるが近年、近縁種や祖先の化石から意外と鳥と近縁であり、羽毛が生えていた可能性が指摘され、全身が羽毛でフッサフサな復元がされるようになったが、その後皮膚の痕跡が見つかり少なくとも成体の身体の大部分が鱗状の皮膚で覆われていた模様(「少なくとも」というのは幼体の頃や、成体の背中あたりには羽毛があった可能性が否定できないため)。他にも群れで狩りをしていた、共食いをしていたなどなど、人気恐竜故に研究もよく行われておりその度に最新研究によって姿やイメージが二転三転していっている。人気者はつらいよ。

ちなみに劇中でよく用いられる「 T-レックス 」という呼称は「ティラノサウルス・レックス」の略称であることは周知の事実だが、これは所謂学名で世界共通の名前として世界に浸透している名称である。[1] つまりティラノサウルスの話をしている際にTレックスと言っている人は、知らず知らずのうちにグローバルな思考を持っているということになる。(それだけ映画の影響が色濃いと言えるのだろうが)

映画における活躍[]

ジュラシック・パーク[]

これもツアーの余興か?

Trex 1.png

ジョン・ハモンドがオーナーを務めるインジェン社の研究から生まれた恐竜の一体で、琥珀に閉じ込められた蚊の腹部の血液から恐竜のDNAを採取し、これを解析・復元した上で欠損部位を現生のカエルのDNAで補完し、さらにこれをダチョウの未受精卵に注入することで再生された。

劇中ではパークで飼育されていた1頭が登場、無事にオープンしていればパークの目玉として愛されるべき存在となるはずだったが、どこかのデブがフェンスの電源を切ってしまったことにより脱走、たまたま檻の前で立ち往生していたグラント博士一行に襲いかかった。

晴れて自由の身になってからは、車を落としたりトイレに隠れていた弁護士を頭から齧り付いたり、ジープのトップスピード(60km以上)に易々と追いついたり、草原を走るガリミムスを捕食したり、生きてるはずの人間を差し置いて美味しいところを掻っ攫っていったりとやりたい限りを尽くした。しかしそのやりたい放題の結果、ヴェロキラプトルの群れに襲われ絶体絶命のグラント一行を図らずとも助ける結果となった。

後のジュラシックワールドシリーズに登場するティラノサウルスはこの映画に出てきた個体と同じである。 ちなみに脚本上の愛称は「ロベルタ」である。

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク[]

あっちに行け!!

Trex 2.jpg

イスラ・ソルナ島に生息していた親子のティラノサウルスが登場、それぞれバックドゥジュニアという愛称がついている。 こちらも作中の数少ない常識人ことハゲたおっさんに襲いかかったり、恐竜ハンター達の寝込みを襲ったり、挙げ句の果てにはロサンゼルスに上陸し出たがりな脚本家こと街に住んでいた若者を食い殺したりと、前作に負けず劣らずな大暴れっぷりを見せた。 ちなみにこの映画に出たティラノはヌブラル島にいた個体とは何ら関係のない別個体である。

ジュラシック・パークⅢ[]

動くな、身動きするな

Trex 3.jpg

イスラ・ソルナ島に生息していたティラノサウルスが登場、ロストワールドに出てきた個体と同一個体かは不明。

のんびりお食事をしていたところグラント博士の一行と遭遇、神聖な場を汚されたからか人間があまりにも美味しそうだったのかは不明だが、追いかけたところでスピノサウルスと遭遇し戦闘となった。 最初こそはベテランの風格を漂わせスピノを押していたものの、わずかな隙を突かれ首筋を噛まれたのちに両腕で頚椎をボッキリと折られ敗北してしまった。 以上がこの作品におけるティラノサウルスの出番全てである。(その出演時間は、90分の尺においてわずか90秒である)

このあまりの展開に従来ファンの一部は烈火の如く怒ったものの、後に明かされた設定では、登場した個体はまだ成人していない若年層だったとされており「スピノサウルスなんてカッペ野郎のかませにするとは何たることか!」とブチギレたファンを多少なだめることに成功したとかしてないとか...

2021年現在では「スピノサウルスは魚食が主・大型の恐竜と争うには不向きな体型であった」という説が有力だが、この映画製作・公開当時はスピノサウルスが強力なハンターであるという説が有力であったという背景も影響していたのだろう。

ジュラシック・ワールド[]

イスラ・ヌブラル島で新たにオープンしたテーマパーク「ジュラシック・ワールド」で展示されている個体が登場。 かつてジュラシック・パークで飼育されていたティラノサウルス(レクシィ)と同一個体で、パーク崩壊から数十年の時が流れていながらも、野生化して生きながらえていた。

普段は「T-レックス・キングダム」なるアトラクション内で生活しており、その勇姿を一目見ようと連日大勢のゲストで賑わっている。

彼女の出番は映画の主軸であるオーウェンラプトル4姉妹との関係やインドミナス・レックスの脱走に費やされてしまったこともあってか一旦終了してしまった。

そして物語も終盤を迎えたその時、ついにファンの待ち望んだ瞬間が訪れた。

Trex 4.jpg

飼育エリアから解放され、かつての敵役(骨)を豪快に吹き飛ばし、島に混乱をもたらした存在インドミナス・レックスの前へと立ちふさがり、新旧最強生物の対決が幕を開ける事となった。

序盤こそ咬合力と馬力でインドミナスを圧倒するも、戦闘が進むに連れ体力を消耗し、インドミナスが首元に噛み付いたため地面に倒れ追い詰められる。

しかし、そこに乱入したブルーがインドミナスを攻撃したため形勢が逆転。そのままインドミナスに噛みつき湖エリアの縁に追い詰める。

結果的にインドミナスは湖から飛び出してきたモササウルスに捕食され死亡。レクシィもブルーを攻撃することなく去っていった。

その後、荒廃し恐竜の王国となったジュラシック・ワールドで、空に向かって咆哮していた。

ここには二度と近づくな」そう言っているかのように…。


ジュラシックワールド/炎の王国

パーク崩壊後のイスラ・ヌブラル島に生息しており、島の生態系の頂点に君臨していた。

なお、縄張りに入った者は容赦なく攻撃する性格であり、パークから自然界に解き放たれ彼女の怒りを買った多くのを再絶滅に追いやっている。

前作とは違い序盤からその姿を観客の前に見せており、ヤツの骨を採取するため島を訪れた傭兵軍団に牙をむいた。

が、またモササウルスに美味しいところを持っていかれる。

その後はまた登場しなくなるが、島の恐竜を救いに来ていたオーウェン達一行に襲いかかっていたカルノタウルス闇討ちで一撃ノックダウンし、結果的に数年前島に来た人類と同じように彼らの命を救う。

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』日本独占!【最終予告】-1

その後はロックウッド財団によって捕獲、アメリカ本土につくなり早々檻に入れられ、エサのヤギをうまそうに頬張った。そしてメイジーの手によって外の世界に開放され、今作の事件の元凶であるミルズを捕食。そのおこぼれに預かろうとそばにやってきたカルノタウルスを頭突きで撃退し、ヤツの骨を踏み潰すと、森の奥へ消えていった。

その後は、どこかのサファリパークの檻をぶっ壊して中に侵入。雄ライオンと対峙して互いに咆哮をあげていた。

ジュラシック・ワールド/サバイバル・キャンプ[]

全シーズンを通して登場。

シーズン4に登場した若造を除けばワールド三部作同様、さほど目立った活躍をするわけでもなく友情出演程度の出番ではあるが、美味しいところはキッチリ持っていく。

ジュラシック・パーク[]

原作にも当然ながら出演しており、現在広く使われている『レクシィ』という愛称はここが由来である。

雌の成体と雄の子どもが登場し、その内デカい方は目にも止まらぬ速さで現れたり、ワニのように水中を泳いだりと映画さながら、もしくはそれ以上の活躍を見せた。 しかし途中で麻酔弾ロケットランチャーで眠らされてからは一切出番がなかった上に、意外にも人間を殺したのは幼体の方である。 そのため成体はアクティビティな事をしてた割に不殺主義を貫いていたという、なんとも肩透かしな出番しか与えられていなかった。

結局、その後の展開はラプトルの暗躍などが尺の大部分を占めたため、ティラノはお払い箱となってしまい、最後は島に落とされたナパーム弾によって全ての個体があっけなく殺されてしまった。

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク[]

映画同様、ティラノサウルス親子が登場。

前作とは打って変わって、今作における彼らは目に写った人間たちを片っ端に襲って殺しにかかるなど不殺主義から一転、徹底した皆殺し路線へと舵を取ることになった。 とはいえ襲われる方も卵を盗もうとするなど酷い所業をしているため、一概にティラノって悪いやつだなとは言い切りなかったりする。

ジュラシック・パークⅢ(小説)[]

映画同様の活躍をしている・・・。 まぁ要するに首をポッキリ折られてしまうのである。

ジュラシック・ワールド[]

映画のノベライズであるため、活躍はほぼ本編と同じであるが、プロローグとエピローグにてレクシィの独白のような文章が綴られており、人間に捕獲され、そして解放された彼女の心境が伺える。


ジュラシック・ワールド/炎の王国[]

こちらも映画のノベライズであるため、レクシィが登場。 活躍はさほど変わらない。

Editicon.png このセクションは新たな道を模索中です。進化を促すため編集ボタンをクリックして知っていることを追加してください


シリーズにおけるティラノサウルスの生態[]

インジェン社によって復元されたティラノサウルスは、非常に巨大かつマッシブな筋肉に包まれている。 博物館に展示されている骨格に肉をつけてそのまま蘇らせた姿をしているティラノサウルスは、肉食獣だけが持ち得る凶暴性と殺戮に特化した攻撃力、そして逞しいまでの生命力で満ち溢れている。

目についたものには何でも襲いかかり「これは狩れねェなぁ・・・」と自身が思わない限り、地獄の果てまでついてくる強靭なスタミナを持っている。 それに比例するかのように走力も桁違いで、全速力で走るバギーにすら余裕で追いつくほど足が速い。(ちなみにバギーの速度は60kmまで出せるそうなので、ウサイン・ボルトですらティラノに狙われたら逃げ切ることは不可能である)

獲物を狩る際は持ち前のアゴのパワーとノコギリのような歯を駆使して肉と骨を噛みちぎる。 人間の骨であれば余裕で噛み砕く事ができ、肩の骨から脊髄まで楽々砕く事が可能。 たとえ相手が反撃してきたとしても自身の防御力も高いため、並大抵の攻撃ではビクともしない。 参考までにレクシィの防御力は防弾ガラスですら余裕で砕く事ができるインドミナス・レックスの噛みつきを喰らっても少し血が出る程度で済む。 しかもこれ70代くらいのご高齢の個体が受けた結果である。 人間で言うなら和田アキ子がマグナムを喰らってもなおピンピンしているみたいなものなので、この耐久力はもはや異常というほかない。

身体的な特徴としてひとつ興味深い点があり、それが成体・幼体問わず体が鱗状の皮膚で覆われている事である。 つまり昨今流行りの羽毛の類は一切生えていない。 現実のティラノサウルスは子供時代のみ毛を生やしていた事が最新の研究によって判明しているため、もしティラノサウルスの血液により復元されていた場合ロスト・ワールドに登場したティラノサウルス・ジュニアのように復元されるのはあり得ない事である。 そこだけ欠損していたら辻褄は合うが、ラプトルの背丈が2倍に増えてるシリーズがやる事なので、そういった事を指摘するのはヤワな話であるのかもしれない。

非常に凶暴ゆえに縄張り意識が強く、自身の生息域に他の恐竜がいることを良しとしない。 もし彼女らのナワバリに侵入しようとする者がいれば容赦無く襲いかかり、それによって再絶滅に追いやられた恐竜もいるとされている。 他種には厳しい一面を見せる傍ら、同族に対しては情けを見せる事があり、特に家族意識が非常に強い点が見られる。 一番有名な例がロスト・ワールド/ジュラシック・パークに登場したティラノサウルス親子であり、バックドゥジュニアと呼ばれる個体は互いに強い絆で結ばれている描写が見られる。 特に子供であるジュニアに対しては人間と同じように溺愛しているようで、子供が攫われたと知った時は両親共々探し回り、その犯人を見つけた時は容赦ない制裁を下すなど、親バカというレベルで大事にしている。

トリビア[]

  • 現在広く知られている「レクシィ」というあだ名は小説版が初出であり、映画版では「ロベルタ」という名前が付いていた。

ギャラリー[]

・ジュラシック・ワールド/サバイバル・キャンプ[]

ティラノ anime.jpeg

脚注[]

Advertisement