ジュラシック・パーク Wiki
Advertisement

Stegosaurus-header-icon.png

この記事はあなたの編集を待っています!!
 

編集 ボタンをクリックして、
知っていることを追加しましょう!



これは一儲けできるぞ...!

概要[]

ドナルド・ジェナーロ(Donald Gennaro)は、ジュラシック・パークに登場する人物。インジェン社の顧問弁護士を努めている。

活躍[]

・ジュラシックパーク[]

インジェン社の顧問弁護士としてハモンドらと共に、イスラ・ヌブラル島へと上陸する。 最初こそオープン前から事故を起こしてケチがついた存在ジュラシック・パークに対して「これ大丈夫なんか?」という気でいたのだが、いざ目の前で生きている恐竜を見た際態度が一変。 パークを金の成る木として認識することとなった。
その後、ランドクルーザーに乗り込みティラノサウルスの檻の前へと到着したのち、どこぞのデブが電源を切ってしまったことで脱走したティラノサウルスと遭遇、ビビってトイレへと逃げ込んだが、なんだかんだあって捕食されてしまった。

・ジュラシックパーク[]

映画で描かれた守銭奴な性格はそのままだが、ラプトルに襲われそうになったティムレックスを守ったり、嫌々ながらもグラント博士らとともに逃げ出した恐竜の調査に同行したりと、普段はクソ野郎だがいざという時は頼れるというキャラクターとなっている。そんな活躍もあってか結果的には最後まで生き残った。

・ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク[]

前作から4年経過した当作品においては、すでに故人となっている。 とある出張先で赤痢を患い亡くなったとのこと。

Jurassic Park: Genesis[]

ジュラシック・パーク建設時のジェナーロが登場。 後に自分を食いちぎることになるレクシィの誕生に立ち会ったが、本人は「別に大したことないじゃん」とやけに興味なさげな態度を取っていた。

Jurassic Park Movie Adaptation[]

当該書籍が、映画を漫画化した作品なため、登場から末路に至るまでほとんど同じ運命を辿ることになる。

ジュラシック・パーク(SFC)[]

本人は登場しないが、彼の名前が記載されたIDカードが登場する。

LEGO Jurassic World[]

ジュラシック・パークシナリオとジュラシック・ワールドのシナリオに登場。

ティラノサウルスに食べられる展開は映画と変わらずだが、当ゲームは誰も死なないし傷つかない、ハートフルな世界観で構築されているため、ティラノの腹の中で生存しており、最終的には吐き出された。

Jurassic Park (曲名)[]

アル・ヤンコビックが発表した同名の曲のMVに、ジェナーロらしき人物が登場している。

CollegeHumor[]

番組内でジュラシック・パークのパロディが公開されていた。

トリビア[]

  • ジュラシック・パーク3部作における納谷六朗氏初の吹き替え担当キャラとなった。

ギャラリー[]

脚注[]


関連項目[]

Advertisement