ジュラシック・パーク Wiki
Advertisement
ジュラシック・パーク Wiki

概要[]

パキケファロサウルス(Pachycephalosaurus)は、『ジュラシック・パーク』シリーズに登場する恐竜である。

概要[]

白亜紀後期の北アメリカに生息していた草食恐竜で、小柄な体躯と頭に備え付けられたドーム状の石頭が特徴である。

ひときわ目立つ石頭は、厚さおよそ30㎝もの骨のカタマリで構成されておりとても頑丈だった。 そんな彼の頭頂めがけて空手チョップなどしようものなら、たちまちこちらの手が粉砕されて泣きを見ることは火を見るより明らかだろう。

パキケ 化石.JPG
頑強たるその頭蓋骨

発見された当時は、群れを統制するリーダーを決める時や、可憐なるメスのパキケファロをめぐって己の未来をかけた戦いを繰り広げるためのツールとして、分厚い石頭を使っていたのではないかと予想されていた。 図鑑の絵などにも互いの頭をゴッツンコさせて戦う姿が決まって描かれていたことから、図鑑に噛り付いていた恐竜キッズの方達は「パキケ=石頭でケンカする恐竜」という図式が脳内で出来上がっていることだろう。

ところが、発見された化石を調べてみても彼らが頭突きで戦った証拠はなに1つ存在しない上に、骨格の構造上頭をぶつけあった際に発生する衝撃に耐えきれず、首の骨が脱臼、最悪骨がポッキリ折れてたちまちその場であの世行きという研究結果が出ている。

そんなさっきまで命だったものが辺り一面に転がるなどという生活をしていたら、とても数万年間生きていけないということで、現在ではその頑強な頭は武器としてではなく、ディスプレイとして使っていた可能性があると指摘されている。

つまり彼らは群れのリーダーや嫁探しをする時、互いの頭を見せ合って優劣を決めていたということになる。 例えるならツルッパゲのオヤジがどちらの方がハゲているかいざ勝負勝負とやっているようなものである。 そんな居酒屋のノリみたいな感覚が彼らの生活習慣に盛り込まれていたと考えると、なんとも言えないところがある。

パキケ 化石2.jpg
とある白亜紀の風景(?)

とはいえ、これはあくまで骨格上で見た場合の話であって、筋肉や外見の構造などについては一切考慮されていない。

おまけにパキケファロサウルスは、未だ全身骨格がロクに発見されておらず、先程の骨格の構造も研究が進んでいる近縁種から流用しただけのことなので、今後化石や体組織の一部などが発見され、頭突きで発生する衝撃を逃がす構造が見つかれば、図鑑で見たあの猛々しい姿が本当であったと証明される可能性は十分にある。

シリーズにおける関わり[]

著名な恐竜ながらも、映画に登場した回数は結構少なく、どちらかといえばゲーム作品を中心に活躍している印象の方が強い。

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク[]

パッキー1.png
パッキー3.jpg
パッキー4.jpg
パッキー2.jpg

シリーズ初登場作品。 パッキー」という愛称が便宜上付けられている。(ただし本編中では誰も呼ばない)

自身を捕まえようとした恐竜ハンターを、車のドアごとブッ飛ばすという力技をやってのけたが、大きな出番はこれだけにとどまり、後半には一切顔を出していないなど、少々影が薄いところがある。

ジュラシック・ワールド[]

パッキー JW2.png
パッキーJW.jpg

パーク内で飼育されており、その内の1頭がフェンスを破ろうとして逃げたところをACUの職員によって捉えられていた。

地面に落ちた31アイスクリームのような体色をしたCGデザインが用意されたにも関わらず、生体としては登場したのはほんのちょろっとで、ジュラシック・ワールドがいかにガッチガチのセキュリティーで守られているのかを説明する要因としてその役を全うした・・・

とはいえ裏を返してしまえば、「パキケファロ程度に破られるほどのガバガバセキュリティーじゃ、いずれ大事故が起きるんじゃね? 」というイヤな予感もわずかながらに感じさせ、ここから数十分後、まさかそれが現実のものになろうとは、オリを破ったパッキーですら想像だにしなかっただろう。

ジュラシック・ワールド/炎の王国[]

生体は登場しないものの、イスラ・ヌブラル島に野生の個体が生息しており、その内の何頭かが捕獲されアメリカに持ち出されたことが判明している。

最終的に捕まった個体がどうなったのかは不明だが、恐らく森か金持ちの家でよろしくやっているのではないかと思われる。

ジュラシック・パーク(ファミコン)[]

敵キャラクターとして登場。 プレイヤーに対して、強烈な頭突き攻撃をおみまいしてくる。

ただしゲーム内の描写を見るに、彼女らは自分たちのテリトリーを侵されたがゆえに攻撃していると捉えることもできるため、別に好き好んで襲っているわけではないのかもしれない。

そんなパキケファロサウルスは、銃弾1発あれば簡単に倒すことが出来るので、邪魔ならバカスカ撃っちゃいましょう。

パキケ G1.jpg
ゲーム画面
パキケ G2.jpg
コンセプトアート

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(AC)[]

ステージ2の道中に登場、プレイヤーに向かって群れをなして体当たりしてくる。

体にヒットさせることで倒せるが、ご自慢の石頭に当てると怯むだけで倒すことはできない。

前述の通りおびただしい数が群れをなして現れるものの、襲ってくるのはその内の一部であるため、落ち着いて対処すればそこまで恐れるほどの相手ではない。

ちなみに襲ってこない個体に発砲すると、画面に映るすべての個体がプレイヤーめがけて突進してくるため、ポイントを稼ぎたいという目論みがない場合はちょっかいをかけない方がいいだろう。

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(PS)[]

人間、ラプトルがプレイヤーとなるステージの敵キャラクターとして登場。

映画に登場した時より体がひとまわり大きくなっており、恐らくこれが成体のパキケファロサウルスの姿だったのだと思われる。

Warpath: Jurassic Park[]

パッキー G4.jpg

プレイアブルキャラクターとして参戦。 ただし隠しキャラなため、解禁にはとある条件を満たす必要がある。

ご自慢の頭突きを使ってパワフルな攻撃を繰り出す、バイオレンスな戦法が持ち味。

ジュラシックパークIII・恐竜にあいにいこう[]

飼育可能な恐竜の1体として出現。

パキケ G3.jpg

Jurassic Park: Explorer[]

ミニゲームをクリアすると、CGアートとパッキーに関するためになる情報が閲覧できた。

パッキー G5.png

経営シミュレーション・ジュラシックパーク[]

飼育可能な恐竜の1体として出現。 星評価は5つ星中のわずか2つで、何故かホマロケファレより人気がない。

1つの檻に多数の個体を飼育していると、仲間内でケンカすることがある。 なお肉食恐竜には問答無用で狩られるので、必ず別々の場所で飼育すること。


ジュラシックワールド・エボリューション[]

パキケ top3.jpg
パキケ top2.jpg
パキケ 一覧.jpg

飼育可能な恐竜の1体として出現。

抜群のネームバリューの割に、人気はいまひとつで飼育する際の条件も厳しめである。

かつてはご自慢の石頭を仲間内のケンカでしか使わず、大型小型問わず肉食恐竜に蹂躙されまくっていたが、アップデートによりラプトルくらいの大きさであれば戦うことが出来る様になった。

製作のあれこれ[]

ギャラリー[]

パキケ s1.png
Jurassic Park: Institute
パキケ s2.png
ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク
パキケ s4.jpg
Jurassic World Dinosaur Field Guide
パキケ s3.jpg
ジュラシック・ワールド/炎の王国

脚注[]


関連項目[]

Advertisement