ジュラシック・パーク Wiki
Advertisement

概要[]

パキリノサウルス(Pachyrhinosaurus)は、ジュラシック・パークシリーズに登場する恐竜の一種である。

恐竜データ[]

白亜紀後期の北アメリカに生息していた草食恐竜で、当時やたらめったらいたセントロサウルス科に属する角竜である。

体長はおよそ7メートル、現在でいうマイクロバスに匹敵するほどの大きさであった彼は、他の角竜には見られないある1つの特徴があった。 それは角がコブ状になっていたことである。

パキリノ 頭蓋骨.jpg
頭蓋骨の化石

本来、角竜というのは細かな違いこそあれど、襟飾りがあてかつ鼻に鋭利なツノを生やしているというのが常識であった。 プシッタコサウルスプロトケラトプスのような原始的な角竜たちを除けば、どんなヘンテコなやつでも先ほど上げた2つの要素は守っている、それが普通だったのだ。

しかしパキリノサウルスは、どういうわけか鼻の角を生やさない代わりに、やけにモッコリとしたコブ状の物体を鼻に取り付けるという角竜の常識を打ち破るような進化を遂げた稀有な存在として、古生物学者たちの興味を引いた。

いまでこそ否定されつつあるが、パキリノが発見された当時はまだ『角竜 = 鼻っ柱のブツを生かして果敢に戦う』という説がトレンドだったこともあり、「こんな失敗したはんだごてみたいな角でどうやって自分の身を守ってたんだ?」 と学者先生たちの頭を悩ませたという。

ところが最近になって、コブの周りに血管の跡らしきものが発見されたことから、このコブは元々上にタンパク質のカタマリか何かが乗っかっており、化石化しなかっただけで本来パキリノにも立派なツノがあったのでは?という説がまことしやかに囁かれる事となった。 これは言うなればツメみたいなものが生えていたということになり、もしこれが事実ならパキリノサウルスは自己再生可能なツノを持った唯一の角竜であった可能性があるということになる。

パキリノ 化石2.jpg
全身骨格

彼の化石自体はボーンベッドなどを含めて大量に発見されるなど、標本数には事欠かない。 それだけ大盤振る舞いで見つかっていれば、いずれふとした瞬間にコブの謎を解明するような化石も出てくるやもしれないのだ。

シリーズにおける活躍[]

ジュラシック・ワールド/炎の王国[]

パキリノ コンセプト.jpg
コンセプトアート

映画には登場しなかったものの、イスラ・ヌブラル島に何頭か生息しており、インジェン社のリストにその名前が載っていた。 その後ミルズが雇った恐竜ハンター達に確保され、何頭かが売りに出され残りは野に放たれたと思われる。

上から8番目に名前がある。

ジュラシック・ワールドでは展示されておらず、イスラ・ソルナ島から運ばれた個体ではなさそうなのでいつ作成されたのかは全くもって不明である。 (ただこの映画当時のヌブラル島には存在しないはずの恐竜がコイツ以外にもウロチョロしていたようなので、秘密裏に作られた可能性は十分に考えられるのだが)

ちなみに初期プロットにおいては生体が登場する予定で、絵コンテも書かれていたのだが、近年マーケティングの中心となりつつある国に配慮して急遽シノケラトプスに変更されたと噂されている。

パキリノ 絵コンテ.png
これが絵コンテ

ジュラシックパークⅢ・恐竜にあいにいこう[]

飼育可能な恐竜の1頭として登場。

パキリノ g1.jpg

Jurassic World™: ザ·ゲーム[]

トーナメント限定の恐竜として登場。 同時期にデビューした恐竜にケントロサウルスがいた。

かつてはアースWWFパックを購入しなければ入手することが出来ない恐竜だったが、2018年3月8日以降はトーナメントの優勝商品としても出てくるようになるなど、入手の機会が増えた。

進化の系譜
パキリノ JW n.jpg
基本
パキリノ JW 20.jpg
Lv20
パキリノ JW 30.jpg
Lv30
パキリノ JW MAX.jpg
MAX

ジュラシックパーク・ビルダー[]

飼育可能な恐竜の1頭として登場、見た目はのっぺりとしたトリケラトプスのような姿をしているが、成長するにつれてレア社のゲームに出てきそうなのっぺりトリケラトプスに変貌する。

進化の系譜
パキリノ JP n.png
基本
パキリノ JP 11.jpg
Lv11
パキリノ JP 40.png
MAX

ジュラシックワールド・エボリューション2[]

有料DLC「デラックスアップグレードパック」に収録されている。

デザインはゴツゴツしたシノケラトプスといった感じで、デフォルトカラーはサーターアンダギーそっくりである。

パキリノ1.jpg
デフォルトカラー
B906AD4B-E7C0-4F6F-99E5-9BCD00D3B797.jpg
公式イチ押しのカラー

ジュラシック・パーク3D[]

見出しの映画が公開されていた当時に発売されていた玩具にラインナップされていた。

鼻頭に鋭利なツノを生やした恐竜キングスタイルのデザインをしており、従来のパキリノ像とはややかけ離れた風貌をしている。

JP-3D Pachyrhino Clash.jpg


ジュラシック・ワールド/炎の王国[]

パキリノサウルス自体は商品化されていないが、どう見てもパキリノとしか思えないシノケラトプスが登場しており、一部界隈でちょっと騒ぎになった。

JWFK mini dino pachyrhino.jpg
MiniDinos upscaled image x4.jpg
Pachytoy.jpg
設計資料

Jurassic World: The Exhibition[]

等身大のパキリノサウルスが成体・幼体と2頭展示されていた。 しかもビックリなことに親子共々 可動式のメカニックだったようで、当時は頭や目玉を動かして来園者を楽しませたという。

The gentle giants.png
Petting zoo.png

ギャラリー[]

パキリノ s1.png
Jurassic Park: Institute

関連項目[]

Advertisement