Stegosaurus-header-icon.png

この記事はあなたの編集を待っています!!
 

編集 ボタンをクリックして、
知っていることを追加しましょう!



ベンジャミン・ロックウッドは、ジュラシック・ワールド/炎の王国の登場人物。亡くなったジョン・ハモンドがインジェン社を設立したときのパートナーのひとり。孫娘のメイジー・ロックウッドと大邸宅で暮らす。

概要[編集 | ソースを編集]

ハモンドが死に、その後サイモン・マスラニがオープンした「ジュラシック・ワールド」の崩壊により、自分がやりたかった恐竜利用に対処しようとしている。しかし健康状態があまり良くなく、財団の運営をイーライ・ミルズに任せている。クレア・ディアリングの恐竜保護グループ「Dinosaur Protection Group」の火山脅威から恐竜を救う主張を支援し、イスラ・ヌブラル島からの恐竜救出作戦を計画した。イーライ・ミルズにより殺害。

ジュラシック・ワールド/炎の王国[編集 | ソースを編集]

トリビア[編集 | ソースを編集]

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

動画[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。