ジュラシック・パーク Wiki
Advertisement

概要[]

ミクロケラトゥス(Microceratus)は、ジュラシック・パークシリーズに登場する草食恐竜の一種である。

恐竜データ[]

白亜紀後期のアジア大陸をのし歩いていた恐竜。 ただしドスンとやるほどの図体は持ち合わせておらず、愛宕神社などでパクパクやっている錦鯉と同じくらいのサイズであった。

かつては「ミクロケラトプス」と呼ばれていたが、どういうわけか同名の蜂がいたことが判明し、2008年にミクロケラトゥスに改名したという変な逸話がある。(しかもこの名前が登録されたのが1953年と相当昔で、なぜ50年もの間これに気づかなかったのだろうかと首を傾げたくなる)

鳥のくちばしと見紛うようなゴツい口と、小さな襟飾りを持った原始的な角竜の一種で、同地をトコトコ歩いていたプシッタコサウルスによく似ていた。 ただし彼が生きていた頃よりずっと後の時代を生きていたようなので、生前出会うことはなかったようだ。

シリーズにおける活躍[]

今のところ目立った出番はないものの、映画に(設定で)出演した経験がある。

ジュラシック・ワールド[]

ミクロケラトゥス1.png
ミクロケラトゥス.png
ミクロケラトゥス コンテ.png

パークで飼育されている恐竜として設定のみ登場。

CGアートとコンセプトアートが残っており、ジェントル・ジャイアンツふれあい動物園という子供のトリケラトプスと触れ合っていたあの場所で展示されていたらしい。

ジュラシック・ワールド/炎の王国[]

こちらも生体の出番はなかったものの、設定としてのみイスラ・ヌブラル島で生き続けていた。

その内の数匹は捕獲され、アメリカのロックウッド邸に移されている。 そのためパークにいながらも絶滅した恐竜よりかはマシな境遇となっている。

絶滅一覧.jpg
とりあえずよかったね

ジュラシック・パーク(小説)[]

意外なことに小説版には生体が登場していた。 ただし名前は旧名の「ミクロケラトプス」である。

レックスらがアトラクションの一種であるイカダの川下りをしている最中に、木の実を食べている個体群が登場。 島には全部で22頭の個体が生息していたらしいが、終盤には何故か13頭にまで数が減っており、最終的には軍の空爆によって全個体が焼き殺されてしまった。 カワイソス

ちなみにアメリカ本国で発行された小説本の中には、彼の名前がカロヴォサウルスという鳥脚類に書き換えられているものが存在するらしい。 とことんカワイソス

ジュラシック・ワールド/炎の王国[]

・デストラクト・ア・ソーズ[]

ミクロケラトゥス単体ではなく、他の恐竜との抱き合わせとして製品化している。

現在発売されているのはプテラノドンディメトロドン、そしてヴェロキラプトルとのセットで、当然のことながら日本国内での取り扱いはない。(プテラノドンだけは一時期日本のAmazonで購入できたが、その製品名が「マイクロセラタス」と盛大に誤記されている。

上記の製品以外にフランクリン・ウェッブとの抱き合わせ玩具も発馬される予定があったそうだが、売れないと判断されたのか結局ボツになったらしい。

ミクロケラ toy4.jpg
ミクロケラトゥスtoy1.jpg
ミクロケラトゥスtoy2.jpg
ミクロケラトゥスtoy3.jpg
ボツ案

ギャラリー[]

ミクロケラ in.png
Jurassic Park: Institute
ミクロケラトゥス3.png
ジュラシック・ワールド
ミクロケラトゥス4.png
ジュラシック・ワールド

余談[]

出典[]

関連項目[]

Advertisement