概要[編集 | ソースを編集]

レプトケラトプス(Leptoceratops)は、ジュラシック・パークシリーズに登場する恐竜の一種である。


恐竜データ[編集 | ソースを編集]

白亜紀後期のカナダ・北アメリカに生息していた小型の草食恐竜。トリケラトプスと同じ角竜の仲間だが、体長は2メートルと小柄でツノもなかったことから、プシッタコサウルスに近い姿形をしていた。

レプトケラ 化石.jpg
全身化石

白亜紀の最終盤まで生息していた恐竜の一種で、同地には前述したトリケラトプスはもちろんのこと、ティラノサウルスやエドモントサウルスといったビッグネームが大地を闊歩していた。体が小さかった彼は大型恐竜の陰に隠れるようにちょこちょこ動き回り、シダ類やソテツを食べていたとされている。


シリーズにおける活躍[編集 | ソースを編集]

・ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(PS)[編集 | ソースを編集]

生体での登場はしていないものの、ゲーム中で見られるギャラリーにてレプトケラトプスのアートデザインが閲覧できる。

レプトケラ g1.jpg


Jurassic World Dinosaur Field Guide[編集 | ソースを編集]

書籍内にレプトケラトプスのコラムが存在する。


関連項目[編集 | ソースを編集]

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。