ジュラシック・パーク Wiki
Advertisement
ジュラシック・パーク Wiki

そして

何かが生き残った...

概要[]

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』(The Lost World:Jurassic Park)は、1997年に公開されたアメリカ映画で、映画『ジュラシック・パーク』の続編にあたる。

ジュラシックパークシリーズ第2作目にあたる本作では、野生化した恐竜が暮らす島「イスラ・ソルナ島」にやってきた人間達によるサバイバル劇が展開される。

生命の尊厳などをテーマにしていた1作目とは異なり、本作ではまっすぐストレートがテーマの超本格的なアクション映画として制作されている。 ただし100%アクションに魂を売ったわけではなく、それぞれの思惑を持った人間達が織り成す人間ドラマなどもしっかりと展開される。

対する恐竜サイドも万全の陣営で人間達をお出迎えしており、前作でお馴染みのヴェロキラプトルや人類サイド最大の障壁であったティラノサウルスなんと3頭も登場する。 その他今作からの登場恐竜としてステゴサウルスコンプソグナトゥス、特別ゲストとしてプテラノドンも参戦。 恐竜の追いかけっこや人間の踊り食い、そして街中で大暴れするティラノサウルスなど迫力満点なシーンの数々を、スピルバーグの巧みな手腕でガッツリ見せてくれる、骨太な作品に仕上がっている。

家族や友達、パートナーと共に見るにはうってつけの作品なので、まだ観たことがないor昔見たけど内容忘れちまったなぁ〜と思っているあなたに是非オススメしたい一品である。

ストーリー[]

コスタリカの沖合いに浮かぶ離れ小島、イスラ・ソルナ島。そこは“サイトB”と呼ばれる、<ジュラシック・パーク計画>において恐竜をクローン生産させるための拠点だった。悲劇から4年が経ちハモンドの会社は倒産寸前、ハモンドの甥で、今やインジェン社の会長となったルドローは恐竜を生け捕り、見せ物にする計画を発表する。マルコムはハモンドに閉鎖された島を調査する探検隊のリーダーを依頼されたが、一度は断る。だが恋人の恐竜学者サラがすでに出発したことを知り、慌てて彼も“サイトB”へ向かった。

製作[]

マイケル・クライトン著の「ジュラシック・パーク」は全米で大ヒット、多くのファンとリピーターを得るに至ったが人気になると当然「これの続編はいつ書くの?」という声が上がるのが世の常である。 ところが彼は今まで自著の続編を書いたことがない、というより執筆するのに消極的だったこともあって、最初は「もう続編はやらん」と表明していた。

そこから月日が流れて、スピルバーグとかいう若い映画監督が「ジュラシック・パーク」を映画化し、ものの見事に大ヒットを飛ばす事態が発生。 今度はファンのみならず映画業界からも「続編書け、続編書け」コールを受けたことでついに折れたクライトンは1995年に「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」を発表。 そして翌年に映画化されることになったのが当作品が生まれるきっかけである。

撮影[]

撮影はカウアイ島のプレーリークリークレッドウッド州立公園、パトリックスポイント州立公園、カルフォルニア州バーバンク、サンディエゴで撮影された。 映画の前半部分がイスラ・ソルナ島としてカウアイ島の内部が逐一映されるが、後半におけるサンディエゴの街並みは、ほとんどバーバンクで撮影されており、実際にサンディエゴの街並みが映るのはたった1箇所のみだという。

映画の後半でティラノサウルスが、街を蹂躙するシーンは1925年公開の映画「ロストワールド」が元ネタになっているとされており、一説にはゴジラをイメージしたともされている。 (登場人物の1人が「アメリカに来て何でゴジラに襲われるんだ」というセリフを吐くシーンが存在する)

音楽[]

今作における音楽担当は当然のごとく「ジョン・ウィリアムズ」で、今作だけの新規オリジナル曲を作ってくれとお願いされたのか、前作から引き続き使われる音楽はほとんどなく、かの有名な「Jurassic Park Theme」も流れされなかった。 当時は「アミスタッド」や「セブン・イヤーズ・イン・チベット」などの作曲も担当していたこともあって、非常に慌ただしいスケジュールの元、曲が作られたそうだが、完成したスコアは今作ならではの要素であるワイルドでカオスな雰囲気をしっかりと盛り込んだ名曲ぞろいで、本作の世界観に引き込ませるためのアクセントの役割を存分に果たしている。

原作との違い[]

スタッフ[]

  • 監督:スティーヴン・スピルバーグ
  • 製作総指揮:キャスリーン・ケネディ
  • 原作:マイケル・クライトン
  • 製作:キャスリーン・ケネディ、ジェラルド・R・モーレン
  • 脚本:デビッド・コープ
  • 撮影:ヤヌス・カミンスキー
  • 美術:リック・カーター
  • 音楽:ジョン・ウィリアムズ
  • SFX:インダストリアル・ライト&マジック
  • 特殊効果:スタン・ウィンストン

キャスト[]

第1作目に登場した数学者でカオス理論を専門としているおっさん。 前作とは雰囲気が変わり男のフェロモンギンギンの渋い男になっている。

マルコムの元恋人で古生物学者。 本作におけるヤベーやつその1。

  • ケリー・カーティス・マルコム - ヴァネッサ・リー・チェスター(渕崎ゆり子)

マルコムの娘で体操が得意。 マルコムの元妻との間に生まれた子であるため、サラとは血縁関係にない。

サラに着いてきた若い男。 その正体は自然保護運動家の一員で、今作におけるヤベーやつその2。

調査団の一員で、エンジニアを務める。 見てくれはツルッパゲの中年オヤジだが、実際は非常に勇敢で頼り甲斐のある男である。

インジェン社のCEOで、ジュラシック・パークを作った張本人。 今作では自身の生み出した恐竜達を保護する活動を行なっており、マルコムに無理難題を押し付けてくる。

前作に登場したハモンドの孫娘。

前作に登場したハモンドの孫、車内で吐いた子供と同一人物なのかと思うくらい成長している。

ハモンドの甥で、今作におけるクソ野郎枠。 典型的な利己主義者であるが、アクティビティな一面もある。

ラドローが雇った恐竜ハンターのリーダー。 立場的に悪役だが、本作において数少ないマトモな人物の1人でもある。

  • ディーター・スターク - ピーター・ストーメア(神谷和夫)

恐竜ハンターの一員で、非常に粗暴な人物。

恐竜ハンターの一員で古生物学者。 誰もが思い描く学者先生の姿をしている。

恐竜ハンターのサブリーダーで、ローランドの右腕的人物。 だが異常なまでに影が薄い。

  • カーター - トーマス・ロサレスJr.(辻 親八?)

恐竜ハンターの1人。 一言でいえばただのモブだが、とある理由で目立ちまくっている。

映画に登場する恐竜[]

主演恐竜[]

友情出演[]

トリビア[]

  • 映画に登場するメルセデス・ベンツのユーティリティ車「Mクラス」は映画公開当時まだ一般公開されておらず、この作品で初めて日の目を見ている。 その縁もあってか北米版のVHSには、メルセデスベンツの広告が表示されるとのこと。(映画見た人の何人が買えたのだろうか)

ギャラリー[]

脚注[]