ジュラシック・パーク Wiki
Advertisement

迫りくる恐竜を麻酔弾で撃て!

概要[]

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(AC)は、同名の映画を原作としたシューティングゲームである。 開発・リリースは、前作に引き続きセガが担当。

筐体に取り付けられた拳銃を使って、襲い掛かってくる恐竜たちを1匹残らず撃ち倒すのが主な目的で、一部ステージを除きボスキャラを倒すとステージクリアとなる。

北米でリリースされた際、自販機にモニターが付いたタイプの筐体とライド型の筐体、そして「ロストワールドスペシャル」と呼ばれる当ゲームの特別版が収録されている筐体の計3種類が稼働していた。 日本国内では、自販機サイズの筐体が数多く出回っており、ライド型と特別版を設置しているゲームコーナーはごくわずかであったとされている。

プロット[]

前述した通り、襲い掛かってくる恐竜を倒してゴールを目指すタイプのシューティングゲームで、ハウス・オブ・ザ・デッドとほぼ同じシステムを採用している。

前作がほぼムリゲ―に近い難易度だったのに対し、今作はやや易しめの内容となっているなど、理不尽な要素は鳴りを潜めた。 開発者たちもようやく自身のやりすぎっぷりに気づいたようだ。

それでも各ステージには最低1つ初見殺しが存在すること、ボスキャラにダメージを与えるサイトの猶予時間が短い&該当部分を揺さぶって狙いを焦れさせるなど、決して容易にクリアできるゲームではない。 おまけに今作では撃ち込める弾数が有限となったせいで、最大5発までしか撃てなくなった。 撃ち尽したら場合は画面外を撃ってリロードしなくてはいけないため、こまめな補給が重要となっている。(銃から出ていると思しきセンサーが遮断されることでリロード判定となるらしいので、引き金を引かずとも銃口を画面外にそらすだけでも弾は補充される)

クリアするには大量の100円玉と有り余るほどの根気が必要となるが、極めれば歯ごたえ抜群のゲームと化すため、もし当ゲームを見かけた方は是非ともプレイしてほしい。

登場する恐竜[]

映画に登場した恐竜が全て登場。 さらには小説版にしかいなかった恐竜(もとい生物)も出現する。 恐竜の隣に記載された( )内の数字は出現するステージを表している。

ご存知シリーズの顔役で、本作における最もポピュラーなザコ敵。

映画仕様のオレンジ色の個体に加え、少し足が早い茶色の個体、俊足なうえに3発当てなければ倒れない緑色のラプトル(劇中ではボスと表記される)の計3種類が登場。 どのステージでも大軍を成して襲い掛かってくるため、仕留めるのにモタついていると自慢の爪でザックリ切り裂かれてしまうが、まれに初見殺しとして単騎で襲い掛かってくるラプトルもいたりする。

ラプトルばかりで飽きてきたプレイヤーのニーズにお応えする形で登場する第2の刺客。

せわしなく動き回るラプトルに対して彼女は出てきた場所から一切動かないが、かわりに襟巻から分泌される毒液をぶっかけてくる。

数が多いうえにすぐ攻撃フェーズに移るので捌くのが難しいが、実は大きな音に反応する習性があり、ドラム缶など大きな音が鳴るものを撃つと大きなスキを晒す。 「よそ見をしている場合か!」とツッコむ前に、急いで処理してしまった方が吉である。

ラプトルに襲われている傷だらけの個体が登場。

時間内にまとわりつくラプトルを倒せばそのままステージ1のチェックポイントに入るが、制限時間内に捌けない、または狙いが外れてトリケラ本体を撃ってしまうとミッション失敗となってしまう。

ちなみに当ゲームにおけるトリケラの出番はこれだけである。

映画では看板恐竜の一種としていい扱いをされていたが、このゲームにおいてはオープニング映像とステージ1におけるチェックポイント到達時のリザルト画面の背景、そしてコンプソグナトゥスに食われている死体という地味な役回りしか与えられていない。

小さいながらも数えきれぬ軍勢で襲い掛かってくる厄介な敵。

2回プレイヤーの仲間に襲い掛かる場面があり、群がったコンピ―を全て倒してやると体力回復のアイテムをくれる。

ステージ1と4のボスを務める茶色のティラノサウルス。

キャラクター表記は「Tyrano saurus Family」となっており、見た目通りパワフルな攻撃を得意とする。 最初のボスだけあってそこまで強い敵ではないが、初見ではまごついてしまうため今後の現れるボスに備えてみっちり練習しておこう。

背景モブとして登場。 撃つことはできるが倒せない。

背景モブとして登場。 撃つことはできるが倒せない。

背景モブとして登場するが、パラサウロロフスがステージにいるときは出現しない。 撃つことはできるものの、倒すことは不可能。

ステージ2最初の刺客として登場。

3頭のマメンチサウルスがそれぞれ、踏みつけ攻撃とアイアンテール、ウ○コマシンガンを引っ提げプレイヤーに襲い掛かってくる。

30頭ほどの群れで登場し、その一部がプレイヤー目がけて襲い掛かってくる。

出現する数は多いものの、そのほとんどは目の前を素通りするだけで、実際攻撃してくる個体はその一割に過ぎない。 ただしいらないちょっかいをかけると、素通り勢がプレイヤー絶対殺すマンにシフトしてしまうため、マゾやスコアラーでもない限りノルマ分のパキケを捌いたがいい。

「パアアアアアオン!!!」というふざけた声で鳴くデカいワニだが、これでもステージ2のボスを務めている。

サイト出現から攻撃までの猶予が非常に短いため、早めに対処しなければ何度もデカいアゴで噛み付かれてしまう。 なんとか倒したとしても再度復活するため、リザルト画面が出るまで気を抜かない様に。

翼竜の代表選手。 映画で出られなかった鬱憤をこのゲームで晴らしにきた。

一応プテラノドンということになっているが、姿形だけ見ると「ゲオステルンベルギア」という翼竜に最も近い姿をしている。(詳細はリンク先を参照)

「パアアアアアオン!!!」とふざけた声で鳴く恐竜で、ステージ4のボスを務めている。

カメレオンのように周囲に擬態できる能力を駆使して、プレイヤーに襲い掛かってくる。

バックとドゥの実子。 ケガをしたり、場合によってはラプトルに喰われたりするなど映画以上に散々な目に合っている。

最終ステージに登場する今作のラスボス。 メタルバンドのギタリストのごとく、顔をブルンブルン振り回してくるので狙うのが死ぬほど難しい。

無事コイツを倒せれば感動のエンディングが見られる。

ステージ紹介[]

全5ステージで構成されている。 最初の難易度設定でステージ2や3から始めることもできる。

◯ STAGE1[]

最初のステージ、チュートリアルも兼ねている。

まだ序盤だというにも関わらず出現する敵が多く、もたついているとダメージをゴリゴリ削られてしまう。 後半は更に敵の数が増えるうえに、最期に待ち受けている恐竜がまさかまさかのティラノサウルスなので、ある意味最初にして最大の鬼門である。

ここをクリアするにはリロードのタイミングがカギとなるため、トリガーハッピーにならない様自身の身体を覚えさせる。 そんな心持ちでやると上達が早くなると思われる。

STAGE2[]

ここでは草食恐竜のテリトリーから、サイトB湖までの道中を進んでいく。

マメンチサウルスやデイノスクスといった、サイトの猶予時間が短い敵。 マッハの勢いで突っ走るラプトルなど強敵が多数登場する。 一瞬でも気を緩めると、すぐさま体力を持っていかれるので狙いを正確に定めて、リロードをこまめにやることが大切である。

STAGE3[]

サイトBの研究所内にいる大量のラプトルを捌くことが目的。

素早い身のこなしのラプトルが無限にわんさか沸いてくるため、慣れていないと非常にしんどいステージだが、ここのみボスが登場しないため当ゲームの中で最も簡単なステージだったりする。

STAGE4[]

研究所別館へと侵入し、イアンとサラを襲っていたカルノタウルスを討伐することが主な目的。

全5ステージ中、最も道のりが短いステージだが、ボス敵のカルノタウルスが鬼のように強いため、そんなことはすぐ気にならなくなる。

計4回繰り出してくる突進攻撃を捌くのが非常に難しく、ノーダメでクリアするにはある程度の練習が必要となる。 またこのステージには初見殺しが2回連続で発生するポイントがあるため、エレベーターに乗る時は十分注意しよう。

STAGE5[]

最終ステージ。 と研究施設跡地を舞台にティラノサウルス親子との一騎打ちに挑む。

ドゥはこれまでの腕があればそこまで労せずに倒せるが、問題はバックの方で猶予時間が短いサイトをこれでもかと揺らしてくるため、捌くのが非常に困難。 とはいえ動きのパターンは一緒なため、首を動かす場所を覚えて待ち構える形で撃ちまくると成功しやすい。

余談[]

本作は版権の都合上、ローカライズ等は一切されていないため、今からプレイするには筐体が稼働しているゲームセンターを探さなければならない。

東京都お台場にある「台場一丁目商店街・一丁目プレイランド」に設置されているとの情報がネット上に存在するものの、今も存在するかどうかは未確認なため不明である。[1]

ギャラリー[]

TLW-VGArcadePromo.jpg
プロモ用チラシ
TLW arcade game.jpg
「ロストワールドスペシャル」の筐体(北米版)

出典[]

関連リンク[]

関連項目[]

Advertisement