ジュラシック・パーク Wiki
Advertisement

注意![]

このページでは、映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の根幹に関わるネタバレが記載されています。

まだ映画を見ていないという方はブラウザバックすることを勧めます。 閲覧する際は自己責任でお願いいたします!

本当に読んでいいですか?

いいんですね?

よろしければどうぞご覧になってくださいませ。

概要[]

ロックウッドの娘(Lockwood's daughter)は、ジュラシック・ワールド/炎の王国に登場する人物である。

人物像[]

物語が始まった頃にはすでに故人、亡くなった時期は恐らくジュラシック・パーク設立前だと思われる。

ジョン・ハモンドの盟友で知られるベンジャミン・ロックウッドの娘である。 彼女は両親と家政婦であるアイリス・キャロルらの愛を受けてすくすく育っていたが、ある日自動車事故により亡くなってしまう。

この事は父親であるベンジャミンにとって耐え難い苦痛だったようで、当時ハモンドと共に進めていた研究を使って、なんとか彼女を蘇らせようと考えた末に、ハモンドと喧嘩別れする要因となってしまった。 この時の研究内容こそが、当シリーズに根幹ともなる恐竜を復活させるというものだった。 それから数十年経ったある日、彼はついに研究を完成させとある人物を生み出した。 その人物こそが・・・?

ジュラシック・ワールド/炎の王国[]

本作に登場する人物、メイジー・ロックウッド彼女のクローンである

この事実はロックウッド家にいるごくわずかな人物しか知らず、来客らにメイジーを紹介する際は孫娘であるとシラを切っていた。 (作り出した本人としても後ろめたいという認識があったのかもしれない)

生前の彼女の姿は、オーウェンクレアが偶然見つけたスクラップブックの中に写真として収められており、それを見ていたのを発見したミルズがネタバラシをして2人(とメイジー)を驚愕させた。何しとんねん…。

関連項目[]

Advertisement