Advertisement

Jurassic World: Dominion Dominates Fandom Wikis - The Loop

01:25

あぁっ! ヘビが・・・っ! ヘビがっ!?

概要

ロバート・バーク(Dr. Robert Burke)は、ロスト・ワールド/ジュラシック・パークに登場する人物の1人である。

人物像

ローランドさん率いる恐竜ハンターチームに所属している人物、彼といつ出会ったのかは不明だが、そこまで親しくなさそうだったので恐らくラドローに雇われた縁で知り合っただけのビジネスライクな関係だったと思われる。

恐竜の知識が豊富かつ根っからのオタク気質なようで、パラサウロロフスを見ただけで大興奮していた。 同じ学者であるサラと同じ人種であるが、さほどウマは合わなかったようで、時折張り合っていた。

ヘビが苦手なようで、見るとどこぞの珍獣ハンターよろしくパニックを起こしてしまう。 尤もこの弱点が原因で彼に最大の不幸が起こることになるのだが・・・?

シリーズにおける活躍

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク

前述の通り、恐竜ハンターの一員として登場。 ジープに乗って古代の神秘を前にして『キャーキャー』騒ぐのが初めての出番となった。

諸事情あってハンター団が壊滅した後、その元凶らと共に島の脱出(&ティラノサウルス確保)を目指すこととなるが、とある元凶が着ていたパーカーの匂いに連れられたティラノサウルスがキャンプを襲撃。 なんとか滝まで逃げたものの、 滝の中を根城にしていたミルクヘビがシャツに入っていくのに気づき、パニックを起こしてしまう。 そこにちょうどティラノのアゴが現れ彼の腕をひとかじり、そのまま引きずり出されて食われてしまった。 死に際の悲鳴の後に、滝から鮮血が流れ落ちるシーンは人によってはトラウマを植え付けられたことだろう。

彼の死にざまは詳しく描かれなかったものの、どうやら滝から引きずり出された後、腕を脱臼させられた後に骨ごと肉を噛み砕かれたらしい。 エグッ!

LEGO Jurassic World

プレイアブルキャラの1人として登場。 とあるストーリーをクリアすることでアンロックされる。

映画同様ティラノサウルスに食われるものの、後々彼を含め胃に収めたはずのハンターたちを吐き戻し(!) 結果的に奇跡の生還を果たすこととなる。(レゴのジュラシックパークシリーズでは人も恐竜も死なない優しい世界が構築されている)

身につけているスキルは『掘削』と『ボーンビルド』で、さまざまなオブジェクトや収集品を発掘したり、掘り起こした骨の山を組み立ててさまざまなオブジェクトや動物の骨格を作成できる。

余談

  • 彼のモデルは「ロバート・T・バッカー」という古生物学者である。
  • この方は元来より「ティラノサウルス、狩りをしていた説」を推しており、この映画の監修に関わっていたジャックホーナーと意見が対立していた。 そんな彼に敬意を持っていたらしいスピルバーグは「じゃあその説を実証するためにロバートを食わせちゃおう!」と考え 、映画のような末路にしたという。 ひでぇ!
  • だが本人はそれについて怒るどころか「ほれ見ろ! やっぱ俺の説が正しかったやろ!」とネタにしたという。心広いっすね!

関連項目

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。