ジュラシック・パーク Wiki
Advertisement

Stegosaurus-header-icon.png

この記事はあなたの編集を待っています!!
 

編集 ボタンをクリックして、
知っていることを追加しましょう!



概要[]

Jurassic World Dinosaur Field Guideとは、アメリカで販売されているジュラシック・ワールドを題材とした児童書である。 著者はトーマス・R・ホルツ・ジュニア、マイケル・ブレット・サーマン、挿絵をロバート・ウォルタースが担当。 発売元はRandomHouse

100種類以上の恐竜を端的に分かりやすく説明するのがウリで、あなたのお子様や親戚のお友達にあげるには最適の一冊とのこと。 ただ残念なことに日本では未発売なため、翻訳版がない。 プレゼントされる際は英和辞典もセットにしてやるといいだろう。

元は2001年に発売された「Dinosaur Field Guide」という書籍をジュラシックワールド仕様にリファインしたもので、 著者含め関係者もその時と全く変わっていない。

掲載されている恐竜[]

  • ヘテロドントサウルス
  • ラゴスクス
  • プレノケファレ
  • テセロサウルス

前作と変わった点[]

  • ページの下部に記載されていたタイムラインの表記が変更された。 例えば2001年版における三畳紀の始まりは、「 251(mya) 」とされていたが、今回刊行された書籍では「 252 million years ago (mya) 」と記載されている。
  • アナトティタンがエドモントサウルスに変更された。(前者が無効名になったのが理由であろう)
  • 獣脚類は全て手のひらを下にする(ラプトルの手の形といえば分かりやすいかも)ポーズを取るデザインとなっている。
  • ジョバリアの生息時期が白亜紀からジュラ紀に変更された。
  • オスニエリアの英名がOthnielosaurusに変更された。(以前は「Othnielia」表記)
  • アーケオケラトプスの英名が「Archaeoceratops」に変更された。 (以前は「「Archaeoceratos」表記)
  • プシッタコサウルスと小型獣脚類のデザインが羽毛を纏ったものに変更。
  • スピノサウルスは、現在の研究結果に基づいて中背の半水生動物として描写されている。
  • 「Take Two!」というコラムが大幅に削られた。 代わりに「The Creatures of Jurassic World!」というコラムが新たに追加された。
  • ポスターのフォントが変更された。

余談[]

  • 出版社によるとこの本は8歳以上の方を対象としているらしい。 ちなみにAmazonは 9 〜 12歳対象と記載されている。
  • 最近の絵本ではおなじみの引き出すタイプの恐竜ポスターも含まれている。 これにはちびっ子もニッコリ。
  • 恐竜のデザインはシリーズに登場した個体を反映している訳ではなく、現実の研究結果を元にして描かれている。 なのでラプトルにフッサフサな毛が生えていたとしても怒らないように。

関連リンク[]

関連項目[]

Advertisement